読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康管理士野間たくやの美容と健康のウソ?ホント?

健康管理士野間たくやが健康や美容にかんする常識のウソ、ホントや最新の情報を提供しています。

カルシウムは健康維持だけじゃなく精神状態の安定にも欠かせない成分です

昔からイライラしている人に対して「カルシウム足りないんじゃない?」なんて思うことはあっても「なんでカルシウムが足りないとイライラするんだろう?」とまでは考えたことがありませんでした。

なんでもカルシウムには神経細胞の働きを維持する役割もあり、神経細胞同士の情報伝達に深く関わっているのだとか。

カルシウムが不足すると神経細胞の伝達がうまく行かなくなり、イライラなどの情緒不安定、ひどい場合には認知障害うつ病まで進行してしまうほど、カルシウムと精神状態には切っても切れない関係があるのですね。

カルシウムが骨や歯を作る、というのは誰しも知っていることだと思うのですが、なんと体がカルシウムが足りていないと感じると、その骨や歯からカルシウムを溶け出させ欠乏しないようにしているのだそうです。

人間の体のメカニズムって本当に不思議でよくできていますね。

ですが関心ばかりしていられません、その状態が続いてしまうと、もちろんカルシウムが溶け出した骨はもろくなってしまいます。

そうなると想像が容易ですが、骨折や骨粗しょう症のリスクが一気に上がってしまいます。

高齢になると特に女性は骨の密度を保つ役割をしていたホルモンが減少し、ただでさえ骨粗しょう症のリスクが増えるわけですから、自らカルシウムを欠乏させる状態はできれば作りたくないですね。

そのためにはカルシウムを意識した食生活はもちろん、それでも補えていないと感じればカルシウムサプリを活用してみるのも手ですね。

カルシウムには一緒に摂った方がいい成分や逆に摂らない方がいい成分があるようなのでしっかり把握してサプリを選びたいものですね。

疲労回復に役立つ質の良い睡眠や栄養ってどんなものがあるのでしょうか

若い頃はどんなに疲れても寝てしまえば取れていたのに、気が付けば最近は「どんなに寝ても疲れが取れない」のです。

睡眠は時間ではなく質、なんて言いますが具体的にどんなことをすれば睡眠の質があがるのでしょうか。

パソコンやスマホが欠かせない生活になった今、睡眠の直前まで操作していることも珍しくなくなりました。

じつはその行為が睡眠の質を落としているそうなのです。想像以上にパソコンやスマホから発される光は有害なものが多いそうで、脳をかなり刺激しているそうなんです。

眠っているのに脳は休めない…聞いただけで質の良い睡眠とは思えないですね。

私はコーヒーが大好きで、夕食後にもついつい飲んでしまうのですが
、就寝前のカフェインもやはり良くないようです。

適量を守り就寝前には摂取しないように気を付けたいと思います。

そういえば疲労の原因と上手な回復方法を調べていて分かったのですが、実は適度な運動って眠りの質を上げるためにいいのだそうです。

運動ってただ疲れるだけ、かえって疲労の原因になるのでは?と思っていたのですが、日頃から適度な運動をする習慣がある人は疲れにくい体になるのだそうです。

疲れるから運動しない、では自分で疲れやすい体を作っているようなものですね。いきなりは難しいですが、たとえば一駅手前で降りるとか、エレベーターではなく階段を使ってみるとか、小さいことでも意識的に体を動かしてみたいなと思います。

日頃、目にするアミノ酸クエン酸も疲労回復に大いに役立つ栄養なのだとか。すっぱいものは大好きなので、積極的に摂取したいと思います。

首のイボのケアはどうすればいい?

2月も中旬に入り、世の中は間もなくバレンタイン。どうせならきれいな自分で勝負したいですよね。

そう思って念入りにフェイスもボディもケアしていた時、首に何となく違和感が…。 知らぬ間にポツンとできもののようなものが3個くらい。調べてみたら、首イボと呼ばれるもので、年齢を重ねるとでき始めるようです。

1つ1つは小さくでも沢山出来れば、自分で触った時に気持ち悪いし、何より見た目年齢も一気にアップしてしまいます。 この首イボは、ウイルス性と非ウイルス性に分けられ、加齢で増える物は後者です。本来ターンオーバーで排出される角質や脂肪が皮膚に残って粒状になってしまったものです。

また首は顔に比べるとケアが見落としがちになる上、着替えやアクセサリーで摩擦を受けるのでイボが増えやすいのです。 そんな首イボのケアには、まず新陳代謝を活発にすることが大事です。ビタミンCやプラセンタ・EGFなどの抗酸化エキスをスキンケアに取り入れましょう。

更にできてしまったイボを柔らかくして剝がれやすくするサリチル酸も有効です。

一方ウイルス性のイボには、原因となるヒトパピローマウイルスを除去する、ポビヨンヨード・ヨクイニン・木酢液が効果的と言われています。ポビヨンヨードは軟膏、ヨクイニンはハトムギに含まれる成分として化粧水にそれぞれ配合されていることが多いので、知らず知らず使っている人も多いかもしれません。

首イボのケアには、顔とは違ったケアが必要になるので、これらの成分が配合された専用製品がおすすめですので、最近首イボが増えてきたという人、今後のために予防としてケアしたいという人もぜひ取り入れてみて下さい。

乾燥対策に!セラミド化粧水始めましょう

11月に入りいよいよ冬本番ですね~。

寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は乾燥しているせいか喉がイガイガ・・・

そして肌もカサカサ・・・

元々、超が付くほどの乾燥肌ですがこの季節は一段と乾燥し粉吹くほどになってしまいます。

なので人一倍保湿には気を使わなければならないんですが、やはり大切なのが保湿成分ですよね。

保湿成分の代表格といえばヒアルロン酸、コラーゲン、そしてセラミド

中でも私が特に注目しているのが「セラミド化粧水」。

セラミドは乾燥対策やエイジングケアはもちろん、スキンケアにおける基本中の基本といってもよい成分なんです。

そもそもセラミドは体内に存在しているもので細胞間脂質と呼ばれる成分の一種。

角質層で細胞と細胞が結びつけて全体の構造を維持する役割を担っていますが、これによりハリや潤いなど肌の健康状態を保っているのです。

そんなセラミドは細胞間脂質の40~50%を締めていますが、加齢により減少してしまいます。

細胞同士の隙間から水分が蒸発してしまい、さらには紫外線など外部の刺激が角質層の内部にまで侵入しやすくなっていき乾燥とバリア機能が低下が同時に進んでいきます。

また同時にコラーゲンやヒアルロン酸といった角質層内で水分を溜め込む役割を担っている成分も加齢とともに減少していくためますます水分を維持しづらい環境になっていきます。

そこで「セラミド化粧水」でセラミドを補うことでこうした問題を改善する効果が期待できるわけです。

ただ、セラミドは脂溶性で水との相性が良くないため化粧水を選ぶ際は含有量だけではなく浸透性にも着目することが大切です。

 

そのためにもトライアルなどのお試しから始めることがおすすめです。

セラミド化粧水で乾燥するこの季節を乗り越えていきましょう~!

 

 

 

眉間のシワにはこんな意外な原因が!そして今は眉間のシワ専用ケア用品まであるんですね?

自分ではまったく気に留めていなかったんですけど、「眉間にシワ寄せてどうしたの?」と友人に言われました。

もちろん何回も言うようですが、眉間にシワを寄せるほど何か考えていたとか、悩んでいたとか、そんなことはまったくありません。

その出来事のあと、帰宅し鏡を見て驚愕しましたね。

意識して眉間にシワを寄せていなくても、なんとくっきりと縦ジワが何本も!

なにこれ!って絶叫しながら手持ちの美容クリームを塗り込みマッサージなんかしてみたんですけど、焼け石に水ですね。シワが消えてくれることはありませんでした。

慌てて眉間のしわ化粧品を購入しようと、いろんな口コミサイトを見て回りました。

私のように眉間のシワなんてピンポイントな悩みを持つ人っているの?ましてや眉間のしわ化粧品なんてこの世にあるの?なんて不安でしたが…

今ってこんなにいい化粧品がたくさんあるんですね。

そういえばいろいろ見て回っているうちに知ったことがあるんです。

それは眉間のシワの原因の一つに、生活習慣のクセがあるっていうこと。

つまり、嫌な事や不愉快な場面で、思わず無意識のうちに、眉間にシワを寄せる、それを頻繁に繰り返す…結果、シワとなって、常に眉間にシワを寄せているような形相になる…まさに負のスパイラル。

まぁ最近いろんなことで頭を抱えているのは否定できないんですけどね、一刻も早くこの眉間のシワを消して余計な悩み事を解決したいところです。

40代で使ってみたい人気ファンデーションを紹介します!!

40代になってからのファンデーション選びには頭を悩まされますよね。
シミやシワを隠したい、でも低刺激で肌に優しいものを選びたい・・・。
エイジングケアもしたいし、保湿効果も気になる・・・。
また年代を重ねバリア機能の低下からファンデーションの肌への負担が大きくなります。
ファンデーションといってもパウダー、リキッド、クリーム、ルースなどさまざまなタイプのものがあります。

ここで簡単に4つのタイプのファンデーションについてご紹介します。
パウダーファンデーションは皆さん1度は使われたことがあるかと思いますが粉末状を固めた形の一般的なファンデーションです。
使いやすさがあるので外出先でもささっと化粧直しできるのが魅力ですが、カバー力が劣るとも言われています。シミやシワなどをカバーしたい方には物足りないかもしれないです。
そんなカバー力重視の方にオススメなのがリキッドファンデーション。液状なので肌の密着性が高く使いやすさもあります。しかしその分落としにくさがあるのでクレンジング選びにも気をつけなければなりません。
リキッドファンデーションよりさらにカバー力が優れているのがクリームファンデーションですが・・・もっと落とすのが大変。肌に負担をかけてしまう可能性もあります。
ですが、油分が多く含まれているので乾燥肌で保湿効果を期待したい方には嬉しいファンデーションです。

ルースファンデーションは粉末状のそのまま肌に塗付していくので、軽くナチュラルに仕上がります。なので他のファンデーションよりカバー力が弱く慣れるまで使いにくさがあります。

 

このようにそれぞれのメリット、デメリットを知った上で自分に合ったフェンデーションを見つけましょう。

各メーカーのサンプルを実際に試して判断するのもオススメですよ。

 

参照:40代のファンデーション

 

小じわ対策で使ってみたい美容液を選ぶときに気にするべきポイントはどんなこと?

少し前からメイクをするたびに、鏡を見るたびに小じわが気になり始めています。

小さく浅かった小じわが気が付けばどんどん深くなってきているし、数も増えてきている気がして、これは早急に対処しなければ手遅れになってしまう…と焦っています。 小じわ対策で使ってみたい美容液のことを友人に教えてもらってから、しわができてしまうメカニズムや効果的な美容液を見つけるべくいろいろ勉強しています。

私は保湿自体はわりとしっかりとしていたつもりですが、小じわがもっとも気になる目元にはこれと言ったケアはしていませんでした。 ですが知識を得ていくうちに、目元には目元専用のケアが必要と言うことを知りました。

目元は皮膚が薄く、敏感な場所であるうえに、紫外線などの外的要因をもっとも受けやすいという難点を抱えています。 ですから肌の他の場所と同じケアをしていたのでは、とても目元のケアが万全とは言い切れないのですね。 さっそく何とかしなければと目元の小じわに効果がある美容液を数日前からせっせと塗り込んでいます。

30歳も過ぎるとセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の3つの保湿成分が加齢による衰えの影響で減少していくそうで、この3つを上手に美容液で補っていきたいと思います。 配合されているだけでなく、浸透しにくい美容成分はナノ化によって分子量を小さくするなどの処方がされていればベストですね。