読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康管理士野間たくやの美容と健康のウソ?ホント?

健康管理士野間たくやが健康や美容にかんする常識のウソ、ホントや最新の情報を提供しています。

慢性疲労症候群と精神疾患との関わり

最近、注目を集めている病気の一つに「慢性疲労症候群」がある。テレビの特集などで紹介されるケースも出てきたのでご存じの方もいるだろう。

ただし、社会全体としてはまだまだこの病気に対しての認識は薄いと言わざるを得ない。例え「慢性疲労症候群」という名前を耳にしても正確にその病気への知識を持ちあわせている人は少ないようだ。

と、いうのも通常の疲労が蓄積されていつも疲労感が抜けない状態、いわゆる慢性疲労と混同してしまう人が多いからだ。

また、「うつ」や「自律神経失調症」「多発性硬化症」といった病気と症状が似ているために医師でさえも診断を見誤る場合も多い。当初こうした病名がつけられ、後々慢性疲労症候群とされる場合が極めて多いのだ。

ただし、慢性疲労症候群の患者の苦しみは想像以上で原因不明の地を這うような疲労感と不眠、関節痛などの痛みや熱、嘔吐など様々な症状に苦しめられる。しかもはっきりと原因が不明なため、現在のところ有効な治療法が見つかっていないのだ。

これは特徴的な症状があるから「慢性疲労症候群」と診断されるのではなく、様々な症状があり、他の病気に特定されない場合に初めて慢性疲労症候群が疑われると診断されることからも分かるかもしれない。

これまで「うつ病」などと診断されていて実は慢性疲労症候群であるという人は実はかなりの数になるのではないかと感じている

参考サイト
きょうの健康|もしかして!? 慢性疲労症候群
慢性疲労症候群Q&A
慢性疲労症候群 - Wikipedia