読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康管理士野間たくやの美容と健康のウソ?ホント?

健康管理士野間たくやが健康や美容にかんする常識のウソ、ホントや最新の情報を提供しています。

早めの対策を!若年層のクラミジア感染

あまり話題として取り上げられることは少ないが個人的に深刻な問題として考えているのが若者の間に広がるクラミジア感染の実態。症状が比較的軽い性感染症として知られるクラミジアだが、それだけに実際の感染者数の把握は困難を極める。一説には100万人以上いると言われる感染者だが、10代での感染者数は6%を超えているのでは?ともいわれている。

 

中でも深刻なのが感染者の7割近くが女性だということ。クラミジアの女性感染者数は上昇の一途をたどっている。それは男性に比べて女性の場合、ほとんど自覚症状がなく、感染に気づきにくいという点があげられる。ものすごい勢いで増えているクラミジアだが、抗生剤を投与すれば1週間程度で比較的簡単に完治することができるのだが、本人が感染に気づいていない女性が多いのだ。

 

症状が軽いといってもそのまま放置すれば、男性の場合前立腺炎の原因になったり、女性の場合は子宮頸管炎や卵管炎を引き起こすことがありこれは不妊の原因ともなる。また妊娠した場合でも子宮外妊娠を起こす可能性も大きくなるから甘く見るのは禁物。現在、妊娠時の検査でクラミジアを発見されるケースが相次いでいるが、クラミジアの予防、啓蒙活動を若い世代で広めていく必要がある。

 参考:
本当はこわい性病クラミジア
性感染症報告数|厚生労働省