読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康管理士野間たくやの美容と健康のウソ?ホント?

健康管理士野間たくやが健康や美容にかんする常識のウソ、ホントや最新の情報を提供しています。

乾燥肌の人も、自分に合ったファンデーションでお化粧を楽しんで

最近、女性の間でミネラルファンデーションなるものが人気だという話を耳にしました。

その名前の通り、ミネラル(鉱物)から作られ、防腐剤や着色料などの添加物が使われていないので、肌に優しいというのが特徴らしいです。

 

私の知り合いの中にも、敏感肌だったり乾燥肌で、ファンデーションで肌荒れを起こしてしまうという人がいます。このような既存の化粧品が使えない人に、特に支持を受けているとのこと。

そもそも、肌が乾燥していると何故すぐ肌荒れを起こしてしまうのでしょうか?

 

それは、乾燥による肌のバリア機能の低下が大きく関わっています。本来なら真皮層にある保湿成分が、肌の細胞同士をしっかりつなぎ合わせて、肌の水分の蒸発や外部からの刺激を防いでいます。

しかしこの保湿成分が減少すると、肌の細胞と細胞の間に隙間が生まれ、水分が蒸発し乾燥肌へ。そして紫外線と言った刺激も肌の奥へ入り込みます。

そして紫外線は、肌内部の細胞のつながりを裁ってしまいます。そしてそこから水分が蒸発し…という悪循環になるのです。

 

そして、多くの女性が気づいていないのですが、普段のスキンケアが原因で、乾燥肌になってしまうパターンが多いのです。

近年、過剰な洗浄意識を持った女性が増えています。そのため、クレンジングでもゴシゴシ、洗顔でもゴシゴシ…。下手したら2度洗いをする人までいます。しかし、この強くこするように洗うことで、肌に必要な皮脂まで洗い流しているのです。皮脂=脂ぎっているといういいイメージがないのですが、ある程度の量は肌を守るために必要なのです。この必要な分の皮脂まで流してしまうので、肌が全くの丸腰状態に。いくらいい化粧品を使っていても、肌が弱い状態では何の意味もありません。

 

数年前までは、化粧品=防腐剤や合成界面活性剤が入っていて当たり前・そうでないと品質を維持できない、ということで、乾燥肌の人が化粧をするのもままならない状態でした。

しかし冒頭にあげたように、近年は肌に優しい化粧品が増えているのです。特に最近は、肌への刺激を減らしただけでなく、保湿効果を兼ね備えたファンデーションも増えてきています。これはつまり、化粧をしながら肌質を改善してくれるという一石二鳥のものです。

他にもUVカットを兼ね備えたものもあるので、化粧と紫外線対策が1回で済むので、これもまた肌への摩擦を減らせることになります。

 

今まで、肌が荒れるから化粧も思い通りにできなかったという方々、ミネラルファンデーション以外にも、肌に優しい化粧品は増えてきています。

自分に合ったファンデーションで、思う存分メイクを楽しんだらいかがでしょうか?

 

 

参照:乾燥肌で使ってみたいファンデーション