読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康管理士野間たくやの美容と健康のウソ?ホント?

健康管理士野間たくやが健康や美容にかんする常識のウソ、ホントや最新の情報を提供しています。

敏感肌でも基礎化粧品を上手に選んで、肌をいたわろう

敏感肌だと使える化粧品が限られてしまうという話を耳にします。その名の通り、肌が敏感な状態なので、何かしらの成分が肌に刺激を与えてしまうことが多いのです。そのため敏感肌の人は化粧品選びで苦労していることが多いそうです。

 

敏感肌の人が基礎化粧品を選ぶうえで念頭に置きたいことは、保湿対策を優先するということです。保湿、つまり乾燥対策が何故敏感肌に効果的なのかというと、肌が乾燥することによりバリア機能が低下し、肌が刺激に弱い状態になってしまうからです。つまり、肌の乾燥と敏感肌には密接な関係があるのです。

 

そこで化粧品で保湿成分を補っていくのですが、成分によって効果のある化粧品が異なってきます。

化粧品の基本、化粧水の場合は水分が殆どです。そのため水溶性であるヒアルロン酸やコラーゲンが含まれているものを、保湿成分の代表ともいえるセラミドは油溶性なので、油分の多いクリームや乳液で補う、といった具合です。化粧水でセラミドを補っても全くの無意味ではありませんが、配合できる量に限りがあるので効率的とは言えません。 

 

また敏感肌を早く改善したいがために、有効成分が多く配合されたものを選びがちになってしまいますが、これもおすすめできません。配合された成分が多ければ多いほど、肌への負担が大きくなってしまうので、できるだけシンプルな内容の物の方が敏感肌には向いているのです。

 

 

スキンケア製品は塗布の際にどうしても肌を摩擦してしまうことになります。化粧水に美容液・乳液にクリームとあれやこれやと使うと、その分肌を擦る回数が増えてしまうという問題があります。スキンケア製品の内容や使い方に気を付けていてもどうしても肌に負担がかかる…という場合には、1つで全ての工程を行えるオールインワンという選択肢もあります。

オールインワンを選ぶ際も、他のスキンケア製品を選ぶ時と同じようなことを気を付ける事、そして塗布による摩擦を少しでも減らすために、できるだけ多くの役割を兼ね備えたものの方が適しています。

 

 

敏感肌だとどうしてもスキンケアが思うようにできず、敏感状態がさらに悪化してしまうこともあります。上記に挙げたような事を念頭に置いて上手に基礎化粧品を選び、効果的なスキンケアを行って、来年は健康な肌を取り戻してください。

 参照:敏感肌で使ってみたい基礎化粧品