読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康管理士野間たくやの美容と健康のウソ?ホント?

健康管理士野間たくやが健康や美容にかんする常識のウソ、ホントや最新の情報を提供しています。

善玉菌を増やして腸内環境を改善するには

最近、CMや雑誌の広告などでよく目にするものに「生きたまま腸まで届く乳酸菌」というものがあります。ちょっと目を通してみると「毎朝健康のためにヨーグルトを食べても残念ながらそのうちの9割の乳酸菌は腸に届く前に胃酸によって死滅してしまいます・・・」なんてことが書かれていたりします。

 

毎朝の日課としてヨーグルトとバナナを欠かさない身としては「今までの習慣はムダだったのか?」と、ちょっと心中穏やかでなかったりもするのですが、全くムダとは言わないまでも確かにそういう面はあるそうで、現在各社から胃酸に強く生きたまま腸まで届く乳酸菌の開発や、1粒に1兆個なんていう膨大な乳酸菌を詰め込んだサプリメントなども出ています。

 

ただ、実際のところ乳酸菌やビフィズス菌よりも圧倒的に問題なのは食物繊維が足りていないことにあるらしいです。食物繊維はご存知のように便通を良くし、腸を綺麗に掃除するというイメージがありますがそれだけでなく、腸内の善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)のエサともなるものです。

 

オリゴ糖が便秘の改善に大変なブームになったことがあります。それはオリゴ糖が善玉菌のエサとして善玉菌を増やし、腸内環境を改善してくれるからです。それと同じような働きが食物繊維にはあるのですね。

 

こうした食物繊維を緑黄色野菜や海藻類から摂取することは健康のために非常に良いことで、朝の食卓をこうしたものに変えればナニも乳酸菌が生きるか死ぬかという問題にも頭を悩ませる必要はないのですが。

【参考】
代表的な善玉菌であるビフィズス菌の増殖因子を発見-京都大学大学院生命科学研究科-
善玉菌を増やすには?