健康管理士野間たくやの美容と健康のウソ?ホント?

健康管理士野間たくやが健康や美容にかんする常識のウソ、ホントや最新の情報を提供しています。

便秘茶と便秘サプリメントはどちらが効く?

女性の大敵、便秘には昔から様々な商品が販売されてきました。便秘対策のオリゴ糖サプリメントとして快適工房さんの商品がインターネットで爆発的に売れたのは記憶に新しいところですが、すっきり小粒やわかさ製薬さんの乳酸菌サプリなども売れているようで…

娘と息子の将来は?

うちには10歳になる娘と12歳になる息子がいるのだけれど、この年代の子供と言うのはホントに微妙な年頃だ。子供と思って扱っていると足元をすくわれるし、かと言ってやはり子供の部分は子供。 先日、妻がそれぞれ将来何になりたいのか聞いたところ娘がネイリ…

増える原因不明の疲労感

「特に原因もないのにずっと疲れている」「疲労感が抜けず何もヤル気がおきない」そんな人が増えているようです。 だいいたいこれまでは特に病気でも無いときに疲労を感じている場合は「ストレス」との関係が大きかったものです。ストレスが溜まって疲労が大…

頭が臭い原因は頭皮湿疹?

よくシャンプーを毎日しているのだけれど、頭が臭いと言われる、フケがボロボロ出る…と言った症状を訴える人がいます。特に最近はこうした人が増えているようです。 こうした頭皮の臭いの原因は何でしょうか?頭皮の臭いを解消するにはどうすれば良いのでし…

アロマテラピーを学ぼう!

今、2~30代の女性に人気の通信講座と言えば、「アロマテラピー」と「セルフネイル」なんだそうです。 ネイルはここ数年一気に伸びてきてどこの講座も大入りだそうです。一方、アロマテラピーの通信講座はもう長いこと人気の講座としてランキング入りしてい…

やっかいなのは頭皮アトピー

どうしても目立ってしまう顔のアトピーも大変だが、頭皮のアトピーもツライものがある。髪の毛が邪魔になってステロイドが中々塗れないからだ。 頭皮のアトピー場合、脂漏性皮膚炎などと同じように頭皮の痒みと頭皮が剥がれ落ちてフケのように落ちてくるのが…

アトピーには何の青汁が良い?

アトピーには青汁が良いということはずい分前から言われているのだけれど、こうした話が広がったのはファンケルが行った実験からだと言われている。 ファンケルが行った実験ではアトピーの患者に青汁を飲ませていたところほとんどの患者が改善、もしくは改善…

薬用石けんには要注意?

敏感肌やアトピー肌の石鹸の選び方としてよく薬用石けんなら安心と言うことを言っている人がいますが、これは十分に注意したです。 と、言うのも薬用石鹸というのは医薬品と化粧品の中間的な位置づけの商品で、法的には全成分を表示しなくても良いことになっ…

妊婦とお茶

2008年にロンドンの大学でショッキングな発表がありました。「妊娠中のカフェインの摂取が妊娠期間に関わらず、胎児の成長抑制リスクと相関している。」つまり、妊婦さんがお茶やコーヒーに含まれるカフェインを取りすぎるとお腹の子供の発育に影響を与える…

ニキビクレンジングはどう選ぶ?

ニキビ肌の場合って基本的には化粧はしないに限ります。化粧をするとどうしても肌に負担がかかってしまいますから。 ただどうしてもニキビにファンデーションを塗らなければならない場合もあるかと思います。クレンジング剤で化粧を落とす場合もあるでしょう…

ニキビスキンケア用品の選び方

以前、ニキビ肌の場合の洗顔石鹸の撰び方について書いたのだけれど、洗顔石鹸に限らず、ニキビスキンケア用品の選び方全般について言えるのが、・低刺激のもの・保湿効果が高いものを選ぶことにつきる。 スキンケア商品は現在実に様々なものが発売されていて…

冬の乾燥肌対策は入浴剤で!

冬のお風呂って気持ちが良いですよね。外の寒さで冷え切った身体をジンワリと温めてくれるお風呂は何にも代えがたいものがあります。 ところで、冬のお風呂で注意したいことがあります。ひとつはもちろん温度差。冷えた身体をいきなり湯船に浸けるのはもちろ…

冬の乾燥肌はどう防ぐ?

今年の冬は寒さが一段と厳しいせいか乾燥肌に悩む人も急増しているようだ。うちの家内もヒジや踵がカサカサにひび割れたと言っては保湿クリームを擦り込んでいる。 ドラッグストアーでも乾燥肌の保湿クリームの売れ行きが好調なようだが購入の際には気を付け…

ニキビのスキンケア商品にだまされるな!

ニキビ関連のスキンケア商品ってものすごくいっぱい出ていますね。ニキビ用の洗顔石鹸やクリーム、化粧水、ファンデーションなどなど・・・ ただ、注意したいのはニキビ向けの商品だからと言って安易に飛びつかないようにしたいこと。確かに消炎や殺菌・保湿…

宿便解消法はウソ?

最近何かと物議を醸している「宿便」騒動。宿便と言うと腸のヒダなどにこびりついて長年腸内に留まっている便と思われていたのだけれど、そもそも腸の壁は定期的に再生を繰り返しているのでそのような状態で便が長く腸内に留まっていることはないという意見…